MENU

利用制限社数はなく借入れ額に制限はある

銀行と信販系の会社で”おまとめローン”の提供をしています。

 

おまとめローンの利用制限社数というのは特にはありません。
複数の会社で契約は可能であるものの、借り入れ金額の制限は存在します。
制限の内容を確認したうえで自分にあったおまとめローンを決めることをお勧めします。

 

信販会社・消費者金融の場合

上記会社は、総量規定法という法律に基づき、年収の3分の1までの貸し出し制限があります。
例えば複数社で借り入れがあった場合、1社に対しではなく、複数社あわせた合計の貸出金額が3分の1となり、
年収の3分の1以上の契約は不可能です。
例えば、借り入れ先が2カ所であっても、総借入額が収入の3分の1を超えてれば
おまとめローンを契約することはできません。審査や信用問題以前に法律で定められているのです。

 

しかし、そういう方を対象におまとめローンを利用するもう一つの方法が”銀行のおまとめローン”です。

 

銀行のおまとめローン会社の場合

三菱UFJ、みずほ銀行などの大手銀行で販売しているおまとめローンは、
信販系、消費者金融のおまとめローンと違い限度額がありません。
銀行カードローンは、総量規定がないのです。限度額がないため、審査にさえ通れば
借り入れ先が複数あったとしても契約が可能です。
問題は、銀行のおまとめローンの場合、信販会社、消費者金融にくらべて審査が厳しいという点です。

 

銀行カードローンの審査について

総年収、定期収入はどの程度あるのか、持ち家など担保となるようなものが存在するのか、
今までに借金の返済が滞ったことがあるのか等、厳しく審査されます。
サラリーマンの方の場合には、安定した収入があるため、たいてい銀行おまとめローンを利用できるでしょう。
しかし、個人経営の方については、契約が難しい可能性があります。