MENU

本当に会社に勤めているのかを確認

おまとめローンを利用する場合必ず審査を受けなくてはなりません。この審査をクリアすることができたら次は【在籍確認】を受ける必要があります。在籍確認を無事にパスできたらいよいよおまとめローンを利用し始めることができるようになるという流れです。しかし、在籍確認でどのようなことが聞かれるのか、どんな風に在籍確認を行っていくのかが不安だという方もいるでしょう。そこでここではおまとめローンの在籍確認について紹介していきます。

 

おまとめローンの在籍確認とは

本当にそこに勤めているのか

そもそも在籍確認を行う理由は「本当にそこの会社に勤めているのか」を確認するため。おまとめローンで大事なことは十分な返済能力を備えているかという点です。つまり、どのような会社に勤務しており、どれくらいの勤続年数があるのかは非常に重要な要素であるということになります。

 

会社に電話がかかってくる

在籍確認では担当のスタッフが勤務先に電話をかけてきます。そこでの対応によって「本当に勤めているのか」を確認するわけです。

 

本人が勤務先にいる場合

おまとめローンの審査を受けた本人が勤務先にいる場合は本人と電話を変わることになります。何を聞かれるのか心配だという方もいるかもしれませんが、生年月日や住所など申し込み者の基本情報に関することを尋ねられることが多いようです。これらに回答すれば在籍確認は終了。

 

本人が外出中の場合

営業職などの方はむしろ社外にいることの方が多いですよね。そのようなときは在籍確認ができないのでは無いかと心配になりそうなものです。しかし、担当スタッフの方は不在であることも承知の上で在籍確認の電話を行っていますので心配する必要はありません。「○○は席を外しております」といった風に誰かが対応してくれれば在籍確認は完了です。おまとめローンの担当スタッフからの電話だと分からないように個人名で電話をかけてきてくれますので周囲の人たちにバレる心配もありません。